○概要
本プログラムは、日本マイクロソフト株式会社『MICROSOFTINNOVATION CENTERトレーニングコンテンツ』の利用を通して、アプリケーション開発の基礎から実践的なスキル等を体系的に修得し、企業が求めるIT人材の育成や学生のITスキル、プログラミング力等の向上を図ることを目的としたプログラムです。

詳細については、2017年10月2日に更新コンテンツを各高専に配信しておりますので、興味のある方は、各高専の担当事務にお問い合わせください。

トレーニングコンテンツ無償プログラム

前回の更新

○概要
本プログラムは、日本マイクロソフト株式会社『MICROSOFTINNOVATION CENTERトレーニングコンテンツ』の利用を通して、アプリケーション開発の基礎から実践的なスキル等を体系的に修得し、企業が求めるIT人材の育成や学生のITスキル、プログラミング力等の向上を図ることを目的としたプログラムです。

詳細については、2017年7月14日に更新コンテンツを各高専に配信しておりますので、興味のある方は、各高専の担当事務にお問い合わせください。

 

トレーニングコンテンツ無償プログラム

前回の更新

 

 

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社・国立高等専門学校機構共同教育プロジェクトチーム

「高専生向けNI myRIO組込システム開発コンテスト」

 概要

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社(以下、NI)は、学生の興味を駆り立てるのは「理論」単体ではなく、実際にツールを使って「理論」を「動作・作業」へと変えていく、”do engineering”という過程であるということに気付くことが重要だと考えています。この”do engineering(実践的な学習による即戦力のエンジニア育成)”というアプローチを採ることで、万全の状態で学生を社会に送り出すことができるだけでなく、新しい学生の興味を優秀な人材が必要とされているエンジニアリングの現場に向けることが可能となります。

今年度も、国立高等専門学校機構共同教育プロジェクトチーム(以下、プロジェクトチーム)とNIがmyRIO組込システム開発コンテストを開催し、エンジニアになるために必要なスキルであるプログラミングはもちろん、プロジェクト管理、アプリケーション開発、プレゼンテーションまでを学んでいただくことのできる機会を提供致します。

今年度は、参加チームの中から10チーム程度を選抜し、最終発表会を日本NI本社(東京、浜松町)にて実施致します。最優秀賞チームおよび優秀賞チームはNIのWeb等に掲載される他、様々な特典が用意されています。

さらに、優秀作品については本コンテストの世界大会に位置する NI Student Design Showcase への出場を推薦させていただき、NIスタッフが応募書類の確認等サポートさせていただきます。世界大会で入賞すれば2018年5月にアメリカ合衆国で開催される NIWeek に招待されます。

詳細については以下のファイルをご確認ください。

 

 

myRIOプロジェクトエッセンシャルガイド

生産技術コンテスト2015【オムロン・高専機構】(動画)

オムロン×国立高専機構 共同教育プロジェクト

平成27年12月25日(金)~26日(土)オムロン株式会社にて、生産技術コンテスト を行いました。

発表・デモの様子をご覧ください。

本プロジェクトでは、PLC(プログラマブルコントローラ)、サーボモータ、ファイバセンサや視覚センサなどの制御機器を使い、

実際の生産現場に実装できる各種生産技術用のプログラミング技術をコンテスト形式で競い合います。

今年度も開催する予定です(時期は未定)。

今年度も高専生のご参加をお待ちしています。

 

生産技術コンテスト 2016 募集要項

myRIOコンテスト2017動画

日本ナショナルインスツルメンツ×国立高専機構 共同教育プロジェクト

高専生向け「NImyRIO組込システム開発コンテスト2017」

平成29年3月13日(月)日本ナショナルインスツルメンツ本社にて、

第4回高専生向け NI myRIO組込みシステム開発コンテスト を行いました。

発表・デモの様子をご覧ください。 今年度も秋から募集を開始する予定です。高専生のご参加をお待ちしています。

高専生向け「NImyRIO組込システム開発コンテスト」2017最終発表会結果

myRIOコンテスト2017 募集要項

myRIOコンテスト2016【第3回】 ダイジェスト動画

平成29年5月18日

平成29年度制御技術教育キャンプ追加募集について

 

以下の要領で再募集を行います。なお、応募資格などのその他の情報は、以前に配布している募集要項をご確認ください。

 

1.募集人数

10名程度(「個人」もしくは「2名」「3名」グループでの応募)

* 別添のエントリーシートと応募課題の評価によって参加者を選抜します。

* グループ応募であってもキャンプ中は同じグループになるとは限りません。

2.応募要領

(1) 提出物(電子ファイルの提出)

① エントリーシート・推薦書(エクセル形式、電子ファイル)

② 応募課題(取組は任意)の成果となる下記の電子ファイル(詳しくは応募課題を参照)

・平成29年度応募課題提出ファイル.docxに、解決した課題の解答となる以下の画像

(最大で6枚)を貼り付けてpdf形式で保存した電子ファイル。

ただし、ファイル名は平成29年度応募課題提出ファイル.pdfとする。

○ 課題1-1 ~ 1-3 のシーケンス回路図の画像データ

○ 課題2-1 ~ 2-3 のラダープログラムのスクリーンショット

・課題1-3、2-3、3-1、3-2の動画(50MB以内)

ファイル名は課題名とし、動画の形式はmp4、wmv、movとする.(例えば、課題1-3.mp4、課題2-3.wmvなどとなる)

③ 提出物に関するチェックリスト(追加応募用)

(2) 提出期限・回答期限

①・②・③のファイル:平成29年5月25日頃(各校の定めによる)

【参考】各高専から共同教育プロジェクト事務局への提出期限:平成29年5月26日(水)12時

(3) 応募方法

・①~③をすべて提出することにより応募完了とします.

・ただし、応募課題はすべて自由課題としますので、応募課題に全く取り組まない場合、

②の提出物(pdfファイルと動画ファイル)は提出不要です.

・①・②・③については、各校の担当課へ電子ファイルで提出

3.連絡先・問い合わせ先

国立高等専門学校機構・共同教育プロジェクト事務局

鳥羽商船高等専門学校 総務課企画・地域連携係(本件担当:佐藤)

 

募集要項等