2017113日(金)に東京ミッドタウンで行われた楽天IT学校甲子園2016に、木更津高専、石川高専、鳥羽商船の校内選考により選ばれた代表チームが出場しました。

64校が参加した予選を勝ち抜き、鳥羽商船が本選へ。

残念ながら受賞はありませんでしたが、商業高校ばかりの中、どの高専チームも素晴らしいプレゼンを見せてくれました。

地元企業とのネットショップの販売戦略立案、ホームページ作成による売り場の構築、商品プロデュース、実際の販売まで実践し、新たな経験を得ることができました。

 

 

 

平成27年度 国立高専機構教職員向けトレーニング

日本ナショナルインスツルメンツ「組込みシステム開発」

  1. 概要

組込みシステムは、身の回りの様々な製品に搭載され、日本の基幹産業を支える重要な技術となっています。その開発環境も従来から大きく発展しています。

今回、国立高専機構教職員の組込みシステム技術向上を目的に、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社による、グラフィカルプログラミング言語LabVIEWを利用した開発手法およびアカデミックのポータブルデバイスmyRIOを用いたシステム設計についての技術講習会を実施いたします。

 

開催日時・コース:   9月2日(水)14:00~17:00および9月3日(木)9:30~13:00  基本コース

9月3日(木)14:00~17:00および9月4日(金)9:30~13:00  入門コース

(内容は2015年3月25日~27日に実施された講習会と同一のものです)

定員:  24名

2014年の様子はこちら

 

(1) 概要

国立高専機構教職員の組み込みシステム技術向上を目的に、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社による、グラフィカルプログラミング言語LabVIEWを利用した開発手法およびアカデミックのポータブルデバイスmyRIOを用いたシステム設計についての技術講習会を実施した。開催場所は、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社東京本社トレーニングセンターである。

 

(2)応募者数と採択者数

全国の国立高専から34名の応募があった。IT共同教育プロジェクトチームによるエントリーシートの評価を行い、定員数12名へ絞った。日本ナショナルインスツルメンツは両コースの受講を強く推奨していたが、結果として、12名全員が両コースを受講という形となった。また、受講者12名中4名が技術職員であり技術職員の関心の高さを伺うことができた。この結果は今後の高専教育を考えていく上で非常に興味深い。

 

(3)講習内容

【LabVIEW基本コース】

開催日時    3月25日(水)14:00~17:00    3月26日(木)9:30~13:00

実施内容    ・LabVIEWの基本操作 ・VIの実装 ・配列・クラスタ ・ファイルI/O・サブVI ・変数

【LabVIEW応用&myRIO入門コース】

開催日時  3月26日(木)14:00~17:00  3月27日(金)9:30~13:00

実施内容    ・ユーザ・インターフェースの制御 ・イベントストラクチャ    ・myRIOを利用した疑似テルミン※の作成   (※音の周波数と強度を任意にコントロール可能な非接触式楽器)

 

 

講習会の様子

NI1

(1)概要

全国51国立高専にかかる学生用のメールシステム及び学生間のコミュニケーションシステム等の共通基盤をマイクロソフトのクラウド型サービスである「Office 365 Education」(以下,Office365)で構築することとなった。また、高専の基盤システムを「Microsoft Azure」(以下,Azure)上で構築し,各校に対しても1TBの領域を利用できるように準備を進めている。そこで,国立高専機構教職員を対象とし、Office 365の活用事例紹介を通じた利用者講習会と、Office365およびAzureの管理者向け講習会を実施した。

(2)開催日時

開催は日本マイクロソフト品川本社であり、以下のとおりの3日間で開催した、ただしいずれの日同一内容のため、1日の受講とした。

平成27年3月25日(水) 9:00~18:00

平成27年3月26日(木) 9:00~18:00

平成27年3月27日(金) 9:00~18:00

(3)講習内容

【Office365】(午前)

1. Office365概要2. 個人用ストレージ OneDriveについて3. 学校ポータルサイトについて4. ナレッジ共有サイトについて 5. コミュニケーション(予定表,Lync,メーリングリスト)について6.Office365 ProPlusについて7. タブレット・スマートフォンからの利用について

【Azure】(午後)

1. Webサイトの作成・削除 2. 仮想マシンの作成・接続・削除

(4)受講者数数

各高専(キャンパス)から最低1名以上の参加を依頼したところ、全高専(キャンパス)から延べ114名の参加があった。参加者の内訳は、教員42%,技術職員43%、その他15%であった。また、専門分野に関しては、62%が情報系とであった。

MS1

講習会の様子