開催趣旨・参加者について・講座の概要
 
イベント申し込みフォーム備考
1)通信技術講座(座学)終了
2)IoTアイデア発想講座(演習)終了
3)アイデア発表会終了       
4)創成システム発表会終了
 

開催趣旨

高専では、基本から最新のものまでさまざまな技術を学んでいますが、そこで得た知識や技能を現実の社会に近い場面で生かす体験の機会は、残念ながら多いとは言えません。
この講座では、主としてIoT関連技術への具体的な活用を想定し、最新の通信技術について企業の技術者がわかり易く解説するとともに、学生自身が学んだことを利用して独創的なシステムのアイデアを発想する演習を行い、さらに、そのアイデアを(一部でも良いので)実現するシステムを作って発表するまでの一連の体験機会を提供します。

参加者について

高専生・専攻科生で、最新の通信技術に興味・関心があれば、だれでも参加できます。
所属している学科や専攻は問いません。現在情報通信技術の基礎を学んでいなくても理解できるように進める予定です。

講座の概要

今年度の講座は4つのイベントを全てオンラインで開催します。
オンラインで講座が受講できるだけでなく、同じ興味を持った他高専の学生とディスカッションするなどの交流の機会もあります。
4つのイベント全てに参加した学生には「修了証」が授与されます。
この講座は、京セラコミュニケーションシステム株式会社と高専共同教育プロジェクトが協働して運営します。

はじめに戻る

1)通信技術講座(座学) 終了  

   10月12日(火)16時30分から18時まで(90分)

 ◎タイムテーブル

 情報・通信技術に興味があれば、学年、学科や専攻を問わず誰でも参加できます(予備知識は不要です)。

 ■学科、クラス、部活動、その他のグループや個人でも参加OKです。

 ■教職員の皆さんの聴講も歓迎します。

  • 最新の通信技術のひとつである「5G」や、低消費電力で遠くまでデータ通信ができる「LPWA」について、現場の事例も交えて、京セラコミュニケーションシステム株式会社の技術者が、易しく解説します。
  • 5G技術は、例えばi-Constructionなど土木建設業界でも活用が期待されており、土木や建築関連学科の学生も興味が持てると思いますので、是非参加してみてください。

はじめに戻る

 

2)IoTアイデア発想講座(演習) 終了

  10月26日(火)16時30分から18時まで(90分)

 通信技術を応用したこれまでに無いようなIoTシステムのアイデアは、どうすれば考えられるでしょうか?

  • この演習ではアイデア発想法などについて学びます。KCCSの社員がファシリテーターとして、演習の進行や参加者へのサポートを担当します。
  • 短時間の演習ですが、どうやって新しい発想を得ればよいのかから、具体的なまとめ方まで体験できます。
  • 参加は2または3名のチーム単位で受け付けます(個人では参加できません)。
  • チームは、1回目の「座学」講座の参加者に限らず、自由に組んでください。

【参加申し込みはこちらから】

※この演習に参加したチームのうち希望者は、まとめた結果を、次の「アイデア発表会」で発表することができます。

はじめに戻る

 
 
 

3)アイデア発表会 終了

  11月10日(水)15時から18時まで

「アイデア発想講座」を受講したチームが、まとめたアイデアを発表するイベントです(発表は希望するチームのみ)。

  • 発表会の申し込み方法は、「アイデア発想講座」の当日最後に連絡します。
  • 発表した内容は、KCCSの技術者や高専の教員の講評を受けられます。
  • 発表はオンラインで、プレゼン用ソフト(Power Point等)を使って、1チーム15分で行います。優れたアイデアの発表は、表彰されます。

アイデア発表会は、申し込めば誰でも聴講できます。

  

はじめに戻る

 
 

4)創成システム発表会  終了

    2022年3月4日開催!

 「アイデア発表会」に参加したチームがエントリーできます。
  (希望チームのみ。エントリー方法は、アイデア発表会当日に連絡します)。                      

  • ここまでの講座を受講して考えたアイデアを、具体的なシステムとして制作し、発表します。
  • 発表はオンラインで、作品の動作の動画と口頭発表とで行います。

 ■開発期間:2021年11月下旬~2022年2月
 ■発表会開催日時:2022年3月4日 13:00~ 

  • なお、アイデア実現にあたって新たにメンバーを加えることも可能です(最大1チーム5名まで)。
  • 発表した内容について、KCCSの技術者や高専の教員の講評を受けられます。
  • 優れた作品の発表は、表彰されます。

※開発に必要な機器の一部は、KCCSから貸し出しサービスがあります。

作品発表会は、申し込めば誰でも聴講できます。

【聴講申し込みはこちらから】

はじめに戻

お問い合わせ】
 共同教育プロジェクト事務局  
   沼津工業高等専門学校
mail:kyodo-kyoiku@numazu-ct.ac.jp