「IoT実践講座 ―FaBoロボットカー+デバイスWebAPI―」募集要項

株式会社NTTドコモ・株式会社FaBo・国立高等専門学校機構共同教育プロジェクトチーム
「IoT実践講座 ―FaBoロボットカー+デバイスWebAPI―」
募集要項

1.趣旨
株式会社NTTドコモ、株式会社FaBo、国立高等専門学校機構共同教育プロジェクトチームは、未来のIoT社会を支える技術者の養成を目的に、IoT実践講座を開講いたします。本講座では、デバイスWebAPIを活用し、JavaScriptを用いて様々なセンサーやIoT機器を制御するしくみを学習します。また、FaBoシリーズのロボットカーを制御することで、IoT技術の具体例をお見せします。講座は、主に教員を対象としますが、職員、学生の聴講も歓迎いたします.株式会社NTTドコモの技術者がGI-netを通じて説明致します。
2.概要
デバイスWebAPIは、スマートフォン上で動作する仮想サーバを経由して様々な外部デバイスを制御する方法です。標準的なWeb技術のみで作られており、OSや通信プロトコル、開発環境に依存せず、セキュリティも考慮した上で、IoTシステムを容易に開発することができます。
FaBoシリーズは、IoTハードウェアの試作ツールです。センサーやモーター制御など、多数のモジュールが用意されており、これらを組み合わせることで、短期間で試作することができます。企業の企画/開発部門等や、高校/大学生の教育などで幅広く使われています。2016年度グッドデザイン賞を受賞しました。
 本講座では、デバイスWebAPIについて説明したあと、FaBoロボットカーをデバイスWebAPIで制御するデモをお見せします。また、希望する高専にはFaBoロボットカーを貸し出しますので、講座に沿って演習することも可能です。申込フォームに貸し出しの希望をご記入ください.ただし、貸し出し可能なFaBoロボットカーは最大10台ですので、ご希望に沿えない場合があります。あらかじめ、ご了承ください。演習の際は、ネットワークが利用可能な教室にPCをご用意ください。PCでは、Google Chromeブラウザと、HTMLおよびJavaScriptを編集可能なエディタ(メモ帳などで結構です)を利用します。

3.実施概要
(1) 開催日:平成30年1月29日(月)  16:00 ~ 17:30
(2) 応募期間:平成30年1月19日(金) 12:00まで
以下のザイトス回収フォルダに申込フォームをご提出ください。
(3) https://koala.kosen-k.go.jp/xythoswfs/webui/_xy-e17103853_1-t_ippDtwCl
(4) 受講方法:GI-netによるオンライン講座(各高専のビデオ会議端末設置場所にて受講)
   各高専の担当を通じて申込フォームを共同教育プロジェクト事務局へご連絡ください。

4.問い合わせ先
国立高専機構・共同教育プロジェクト事務局(鳥羽商船高専 企画・地域連携係:西尾)