myRIOコンテスト 2014

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社

高専生向けNI myRIO組込開発コンテスト

募集要項

 

1. 趣旨

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社(以下:NI)は、学生の興味を駆り立てるのは「理論」単体ではなく、実際にツールを使って「理論」を「動作・作業」へと変えていく、”do engineering”という過程であるということに気づくことが重要だと考えています。この”do engineering(実践な学習による即戦力のエンジニアの育成)”というアプローチを採ることで、万全の状態で学生を社会に送り出すことができるだけでなく、新しい学生の興味を、優秀な人材が必要とされているエンジニアリングの現場に向けることが可能となります。

今年度は、NI myRIO組込開発コンテストを通して、エンジニアになるために必要なスキルであるプログラミング力からプロジェクト管理、アプリケーション開発、発表までを学んで頂く事のできるプログラムを準備いたしました。

 

2. 募集テーマ

  • myRIOとLabVIEWを利用した組込システムの開発(課題の提起とソリューションの提案)。
  • myRIOとは :制御・組込デバイスで実世界のシステムと同じ技術が搭載されたデバイスです。http://www.ni.com/white-paper/14604/ja/
  • LabVIEWとは:計測・制御システム及びテストベンチを構築できるシステム開発言語ソフトです。http://japan.ni.com/labview/beginners

 

3. 概要

本コンテストにおいて、参加チームが受けることの出来るサポートは下記のとおりです。

  • ハードウェア:myRIOの無償貸出,もしくは50%オフでの購入(¥31,500 税抜き)。貸出したmyRIOは作品提出の際にご返却いただきます。購入をご希望する場合は必ず期間内に項目7.に記載してある提出物を送って頂く必要があります。購入した場合,コンテストからのリタイアは出来ません。
  • ソフトウェア:LabVIEWを無償で利用可能なライセンス付与(使用期限付)。
  • e-Lerning:LabVIEWを学んでいただくためのコンテンツを無償で利用可能(使用期限付)。
  • コミュニティーサイト:NIのコミュニティーサイトでの質問・意見交換が可能です。

 

4. スケジュール

コンテスト開催期間は2014年11月17日(月)から2015年2月27日(金)までとします。開催期間の最終日までに項目7.に記載された提出物を送付してください。なお、2014年12月12日(延長しました)申込可能期間は11月末までとします。

 

5. 応募条件

  • 応募時点で高等専門学校の学生(専攻科生含む)であること
  • LabVIEWとmyRIOを使用したシステムの開発をすること
  • 1チーム最大2名までのチームでの参加が可能・1人での参加も可能
  • 同じ高専内から複数チームで参加可能

 

6. 申し込み方法

下記情報を担当の先生より、NI担当者 宛てに送付ください。受付後、機材貸出(購入)手続きについて個別に連絡いたします。

  • 高専名、学科名、学生名
  • 住所(機材の送付先)
  • 電話番号
  • myRIOは貸出か購入のどちらを希望するかを明記してください

募集要項はこちらからダウンロードできます。(MS Word形式)

 

myrio-

参考:高専向けNI myRIO組込開発コンテスト専用サイト http://japan.ni.com/myrio_contest