Imagine Cup チャレンジプログラム 2015

日本マイクロソフト・国立高専機構 IT共同教育プロジェクト

Imagine Cupチャレンジプログラム2015

~ If you are happy, I’m sure I’m very happy!!! ~

MSFT_logo_rgb_C-GrayImagine-Cup-FY14-Web-Logo-Standard-Size

Imagine Cup  世界大会参加の様子

1.趣旨

日本マイクロソフト株式会社と国立高等専門学校機構IT共同教育プロジェクトチーム(以下、プロジェクトチーム)は、アプリケーションの開発を通じて、参加 学生のITスキルの向上を図り、企画力、プログラミング力、プロジェクト管理能力等を有する、IT業界で活躍できるエンジニアの育成を目指しています。

昨年度に引き続き、今年度も、平成27年4月に開催予定のImagine Cup 2015日本大会において優勝し、世界大会にて上位入賞することを目標とした「Imagine Cup チャレンジプログラム2015」を企画・実施しました。

2.Imagine Cupについて

2.1 Imagine Cupとは

マイクロソフトが主催する世界最大の学生向けITコンテストです。2003年より開催されており、次回で13回目を数えるます。日本代表の過去最高位は 2012年シドニー大会に臨んだ東京高専のソフトウェアデザイン部門・2位。昨年は鳥羽商船「かぞくぐるみ」が日本代表として参加しました。

 

2.2 Imagine Cupの日程

2015 年3 月中旬 Imagine Cup 2015 日本大会 作品提出期限
2015 年4 月上旬 Imagine Cup 2015 日本大会
2015 年7 月下旬 Imagine Cup 2015 世界大会

 

3.Imagine Cup日本大会

日本大会は平成27年4月11日に羽田空港国際線旅客ターミナル内にあるTIAT SKY HALLにて実施された。 本プログラムに参加し、エントリーした4チームのうち、鳥羽商船の「P.M.Karaoke」が出場しました。

 

3 部門それぞれ3チームの合計9チームが10分間のプレゼンをしたのち、審査員との質疑応答が行われました。なお、高専チームとしては鳥羽商船以外に、香川 高専(プロコン自由部門優勝・起業家甲子園準優勝)と石川高専(起業家甲子園優勝)から各1チームが参加しました。審査の結果、各部門賞が発表され、ゲー ム部門ではトライデントコンピュータ専門学校の作品「Fleeting Light」が、ワールドシチズンシップ部門では筑波大学の作品「CHILDHOOD」が、イノベーション部門では香川高専の「すくえあ (SCREEN feels AIR.)」がそれぞれ受賞しました。

Imagine Cup日本大会の様子

Imagine Cup日本大会の様子

部門賞が発表された後、ステージ上で部門賞受賞3チームに対する質疑応答が行われ、最優秀賞、すなわち日本代表として香川高専の作品が選ばれ、Imagine Cup2015世界大会に出場することとなりました。

 

※詳細はImagine Cup 2015の公式サイト(英語)をご覧ください。http://www.imaginecup.com/