組込みシステム開発講習会 2014

(1) 概要

国立高専機構教職員の組み込みシステム技術向上を目的に、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社による、グラフィカルプログラミング言語LabVIEWを利用した開発手法およびアカデミックのポータブルデバイスmyRIOを用いたシステム設計についての技術講習会を実施した。開催場所は、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社東京本社トレーニングセンターである。

 

(2)応募者数と採択者数

全国の国立高専から34名の応募があった。IT共同教育プロジェクトチームによるエントリーシートの評価を行い、定員数12名へ絞った。日本ナショナルインスツルメンツは両コースの受講を強く推奨していたが、結果として、12名全員が両コースを受講という形となった。また、受講者12名中4名が技術職員であり技術職員の関心の高さを伺うことができた。この結果は今後の高専教育を考えていく上で非常に興味深い。

 

(3)講習内容

【LabVIEW基本コース】

開催日時    3月25日(水)14:00~17:00    3月26日(木)9:30~13:00

実施内容    ・LabVIEWの基本操作 ・VIの実装 ・配列・クラスタ ・ファイルI/O・サブVI ・変数

【LabVIEW応用&myRIO入門コース】

開催日時  3月26日(木)14:00~17:00  3月27日(金)9:30~13:00

実施内容    ・ユーザ・インターフェースの制御 ・イベントストラクチャ    ・myRIOを利用した疑似テルミン※の作成   (※音の周波数と強度を任意にコントロール可能な非接触式楽器)

 

 

講習会の様子

NI1